トップページ > 会社情報

会社情報 ~弊社のあゆみ~

菜種油の製造販売から始まった弊社のあゆみをご紹介いたします。

創業(文政年間)~昭和(戦前)

創業は文政年間(西暦1800年頃古文書による)と伝承されておりますが、2度の大火に会い、それ以前のことは精細不明とされております。
代々食用油脂(菜種油)・工業用油脂(荏油・桐油)・煙草製造等々を業としてまいりましたが、明治になり石油の輸入が開始されるのに伴いペガサス石油(当時)の特約店として石油類の販売を始めました。その後日本石油の特約店として県内に拡販致しました。

株式会社 藤井商店 引札

明治年間の当社広告

株式会社 藤井商店 日本石油 看板

明治年間に掲示した日本石油(当時)の特約販売店の木盤

戦時中 丹南三郡の配給事業所に

先の大戦により配給統制となり旧武生市を中心に、丹生・南条・今立郡(俗に丹南三郡と言う)の各石油販売業者20余人が転廃業し、当社が燃料局指定武生配給事業所として転廃業者の一部を吸収し、前社長藤井精治が割当配給の任にあたりました。その間に軍需省燃料局石油消費調査員を拝命致しました。

株式会社 藤井商店 暦

大正7年に当社が配布した暦

株式会社 藤井商店 国油特約販売所 看板

戦時中の国油特約販売所の看板

戦後~

大戦後は民族系石油会社の特約店として業務に専念してまいりました。また経営の合理化を期して昭和41年に法人改組し、(株) 藤井商店として発足しました。さらに県下一円の配油に万全を期す為に武生油槽所を建設し(有) 藤井オイルサービスが第二会社として業務を遂行致しました。
 昭和55年に藤井商店油槽所と改称し、自社および地域同業者の供給備蓄基地として活用しています。なお、運営は(有) 藤井オイルサービスがおこなっています。
 昭和47年に消防防災部門の業務を開始し、消防機器の販売・設計・施行・保守点検、防災用品の販売を北陸3県下を中心に行っております。
 昭和56年には給排水衛生・空気調和設備・危険物貯蔵タンク類の設計・施行・保守点検業の業務を開始し、各種工事を行っております。

株式会社 藤井商店 販促用うちわ(表)  株式会社 藤井商店 販促用うちわ(裏)

戦後の販促用うちわ